Blood, Sweat, and Pixels

The Triumphant, Turbulent Stories Behind How Video Games Are Made

出版社 Harper Paperbacks
発売日 2017/09/05
ページ数 304
ISBN-13 9780062651235
お届け日 通常 02月28日~03月02日

販売価格 ¥1,500 通常価格 ¥1,870

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
電子版(Amazon)

出版社より

Title Blood, Sweat, and Pixels The Triumphant, Turbulent Stories Behind How Video Games Are Made

NATIONAL BESTSELLER

Developing video games–hero’s journey or fool’s errand? The creative and technical logistics that go into building today’s hottest games can be more harrowing and complex than the games themselves, often seeming like an endless maze or a bottomless abyss. In Blood, Sweat, and Pixels, Jason Schreier takes readers on a fascinating odyssey behind the scenes of video game development, where the creator may be a team of 600 overworked underdogs or a solitary geek genius. Exploring the artistic challenges, technical impossibilities, marketplace demands, and Donkey Kong-sized monkey wrenches thrown into the works by corporate, Blood, Sweat, and Pixels reveals how bringing any game to completion is more than Sisyphean–it’s nothing short of miraculous.

Taking some of the most popular, bestselling recent games, Schreier immerses readers in the hellfire of the development process, whether it’s RPG studio Bioware’s challenge to beat an impossible schedule and overcome countless technical nightmares to build Dragon Age: Inquisition; indie developer Eric Barone’s single-handed efforts to grow country-life RPG Stardew Valley from one man’s vision into a multi-million-dollar franchise; or Bungie spinning out from their corporate overlords at Microsoft to create Destiny, a brand new universe that they hoped would become as iconic as Star Wars and Lord of the Rings –even as it nearly ripped their studio apart.

Documenting the round-the-clock crunches, buggy-eyed burnout, and last-minute saves, Blood, Sweat, and Pixels is a journey through development hell–and ultimately a tribute to the dedicated diehards and unsung heroes who scale mountains of obstacles in their quests to create the best games imaginable.

DeepL粗訳

出版社より

タイトル Blood, Sweat, and Pixels The Triumphant, Turbulent Stories Behind How How Video Games are Made

ナショナルベストセラー

ビデオゲームの開発-英雄の旅か、それとも愚か者の使い道か?今日最もホットなゲームを作るために行われる創造的で技術的な物流は、ゲームそのものよりも辛く複雑なものであり、しばしば終わりのない迷路や底なしの奈落の底のように思えることがあります。血と汗とピクセル』では、Jason Schreier氏がビデオゲーム開発の舞台裏に潜む魅力的な冒険に読者を連れて行きます。芸術的な挑戦、技術的な不可能性、市場の要求、そしてドンキーコングサイズのモンキーレンチが企業から作品に投げ込まれたことを探る『血と汗とピクセル』は、どんなゲームでも完成させることがいかにシサイプシー以上のものであり、それは奇跡に他ならないかを明らかにする。

最近の最も人気のあるベストセラーゲームをいくつか取り上げ、Schreier氏は、RPGスタジオBiowareが不可能なスケジュールを破り、無数の技術的悪夢を克服して『Dragon Age. インディーデベロッパーのEric Barone氏は、田舎暮らしのRPG『Stardew Valley』を一人の人間のビジョンから数百万ドル規模のフランチャイズへと成長させるために独力で奮闘しました。

四六時中の作業、バグに目を奪われたバーンアウト、土壇場でのセーブなどを記録した「_Blood, Sweat, and Pixels_」は、開発地獄の旅であり、最終的には、想像を絶する最高のゲームを作るために困難の山を乗り越えてきた献身的なダイハードと無名のヒーローたちへのオマージュとなるものである。


この何年かの著名なゲーム開発プロジェクトの顛末を辿ったノンフィクションです。 Witcher 3、スターデューバレー、Destiny、Diablo3など、錚々たるゲームの開発秘話が語られますが、ほとんどのプロジェクトが大炎上しており、開発者たちは週末を返上しての長期間残業を強いられています。

一見華やかな印象のゲーム業界を支えるその現場が、まさにBloodとSweatで贖われていること、それでもなお開発者達を引きつけてやまない抗いがたい魅力があることがよく分かります。 (自分でやりたいかと問われるとその覚悟はないですが。。。)

ビジネスツールやウェブサービスの運営を生業にしていても、開発プロジェクトのドキュメンタリーとして十分に共感して楽しめる内容になっていると思います。 個人的にはDiablo3の不死鳥のようなエピソードが好きです。