The Maker's Guide to the Zombie Apocalypse

Defend Your Base with Simple Circuits, Arduino, and Raspberry Pi

出版社 No Starch Press
発売日 2015/10/01
ページ数 296
ISBN-13 9781593276676
お届け日 通常 06月24日~06月26日

販売価格 ¥2,250 通常価格 ¥2,750

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
電子版(Amazon)

出版社より

Where will you be when the zombie apocalypse hits? Trapping yourself in the basement? Roasting the family pet? Beheading reanimated neighbors?

No way. You’ll be building fortresses, setting traps, and hoarding supplies, because you, savvy survivor, have snatched up your copy of The Maker’s Guide to the Zombie Apocalypse before it’s too late. This indispensable guide to survival after Z-day, written by hardware hacker and zombie anthropologist Simon Monk, will teach you how to generate your own electricity, salvage parts, craft essential electronics, and out-survive the undead., p>Take charge of your environment: -Monitor zombie movement with trip wires and motion sensors -Keep vigilant watch over your compound with Arduino and Raspberry Pi surveillance systems -Power zombie defense devices with car batteries, bicycle generators, and solar power

Escape imminent danger: -Repurpose old disposable cameras for zombie-distracting flashbangs -Open doors remotely for a successful sprint home -Forestall subplot disasters with fire and smoke detectors

Communicate with other survivors: -Hail nearby humans using Morse code -Pass silent messages with two-way vibration walkie-talkies -Fervently scan the airwaves with a frequency hopper

For anyone from the budding maker to the keen hobbyist, The Maker’s Guide to the Zombie Apocalypse is an essential survival tool.

Uses the Arduino Uno board and Raspberry Pi Model B+ or Model 2

DeepL粗訳

ゾンビ黙示録が来たらどこにいるの?地下室に閉じこもる?家族のペットを焼く?生き返った隣人の首をはねる?

ありえない あなたは、トラップを設定し、要塞を構築することになりますが、あなたは、精通した生存者は、ゾンビの黙示録へのメーカーのガイドのあなたのコピーをひったくりとしているので、消耗品を買いだめするには、手遅れになる前に。ハードウェアハッカーでゾンビ人類学者のサイモン・モンクによって書かれた、Zデー後のサバイバルに欠かせないこのガイドは、あなた自身の電気を生成する方法を教えてくれます、部品をサルベージし、不可欠な電子機器を作り、アンデッドを生き延びる。

差し迫った危険からの脱出: -ゾンビの注意をそらすフラッシュバンギングのために古い使い捨てカメラを再利用する -成功したスプリントホームのためにリモートでドアを開く -火災や煙探知機を使用してサブプロットの災害をForestall

モールス信号を使って近くにいる人間に声をかける - 双方向に振動するトランシーバーを使って無言のメッセージを伝える - 周波数ホッパーを使って熱心に電波をスキャンする

ゾンビの黙示録へのメーカーのガイドは、初心者から熱心な趣味家まで、誰のための必須のサバイバルツールです。

Arduino UnoボードとRaspberry Pi Model B+またはModel 2 を使用します。


フィクションのジャンルに ポスト・アポカリプス物 というのがありまして、 災害や戦争などで文明社会が壊滅的な被害を受けて、文明の連続性が失われた世界で起こる事件を追う、といったものです。

ポスト・アポカリプス物の原因イベントの中でも特に人気のあるのがゾンビの大量発生ですが、この本はそんな状況で メーカー(ピッタリな訳語が思いつかないのですが、電子機器を組わせて何かしら機能性のあるものを作ることを趣味とする人)が取りうる対策を色々挙げています。

Arduinoを使った早期警戒システムや、Raspberry Piとカメラを組み合わせた監視システムなど、ゾンビで溢れる世界で逞しく生きるためのツールのアイディアを色々提案してくれるので、平時であれば楽しめる内容です。 もっとも、いくつかのアイディアは文明社会と国際物流が生きていないと入手すら困難なアイテムがいくつもあるので、本書で指摘されているように、今のうちに用意を始めておいた方が良いかも知れません。

平時の文明社会で稼働させた場合のトラブルはさておき、Lチカから先に進むアイディア集としても面白いです。