What Can Be Computed?

A Practical Guide to the Theory of Computation

出版社 Princeton University Press
発売日 2018/05/01
ページ数 408
ISBN-13 9780691170664
お届け日 通常 03月12日~03月19日

通常価格 ¥9,350

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

An accessible and rigorous textbook for introducing undergraduates to computer science theory

What Can Be Computed? is a uniquely accessible yet rigorous introduction to the most profound ideas at the heart of computer science. Crafted specifically for undergraduates who are studying the subject for the first time, and requiring minimal prerequisites, the book focuses on the essential fundamentals of computer science theory and features a practical approach that uses real computer programs (Python and Java) and encourages active experimentation. It is also ideal for self-study and reference.

The book covers the standard topics in the theory of computation, including Turing machines and finite automata, universal computation, nondeterminism, Turing and Karp reductions, undecidability, time-complexity classes such as P and NP, and NP-completeness, including the Cook-Levin Theorem. But the book also provides a broader view of computer science and its historical development, with discussions of Turing's original 1936 computing machines, the connections between undecidability and G�del's incompleteness theorem, and Karp's famous set of twenty-one NP-complete problems.

Throughout, the book recasts traditional computer science concepts by considering how computer programs are used to solve real problems. Standard theorems are stated and proven with full mathematical rigor, but motivation and understanding are enhanced by considering concrete implementations. The book's examples and other content allow readers to view demonstrations of--and to experiment with--a wide selection of the topics it covers. The result is an ideal text for an introduction to the theory of computation.
  • An accessible and rigorous introduction to the essential fundamentals of computer science theory, written specifically for undergraduates taking introduction to the theory of computation
  • Features a practical, interactive approach using real computer programs (Python in the text, with forthcoming Java alternatives online) to enhance motivation and understanding
  • Gives equal emphasis to computability and complexity
  • Includes special topics that demonstrate the profound nature of key ideas in the theory of computation
  • Lecture slides and Python programs are available at whatcanbecomputed.com

DeepL 粗訳

学部生がコンピュータ・サイエンスの理論を学ぶための、アクセスしやすく厳格な教科書

What Can Be Computed?本書は、この分野を初めて勉強する学部生のために特別に作成されたもので、最低限の前提条件を必要としますが、コンピュータ科学の理論の本質的な基礎に焦点を当て、実際のコンピュータプログラム(PythonとJava)を使用し、積極的な実験を奨励する実践的なアプローチを特徴としています。また、自習や参考書としても最適です。

本書は、チューリングマシンや有限オートマトン、普遍的計算、非決定性、チューリングとカープの還元、不決定性、PやNPのような時間複雑性クラス、クック-レビン定理を含むNP完全性など、計算理論の標準的なトピックを網羅しています。また、1936年にチューリングが発明した計算機、決定不可能性とG�delの不完全性定理との関係、カープの有名な21のNP完全性問題集など、計算機科学とその歴史的発展についてのより広い視野を提供しています。

本書では、コンピュータプログラムが実際の問題を解くためにどのように使われているかを考察することで、伝統的なコンピュータ科学の概念を再構築しています。標準的な定理は数学的な厳密さをもって述べられ、証明されていますが、具体的な実装を考慮することで、動機づけと理解が深まります。また,例題をはじめとするコンテンツにより,読者は幅広いトピックのデモンストレーションを見ることができ,実験をすることができます.その結果、計算理論の入門書として理想的なテキストとなっています。
  • コンピュータ科学の理論の本質的な基礎へのアクセスが容易で厳格な入門書であり、特に計算理論の入門を履修している学部生のために書かれています。また、今後予定されている Java 代替のオンライン) を使用して、モチベーションと理解を高めることができます
  • 計算可能性と複雑性に等しく重点を置いています
  • 計算理論における主要なアイデアの深遠な性質を示す特別なトピックが含まれています
  • 講演スライドと Python プログラムは whatcanbecomputed で利用できます。com