Samarkand

Recipes and Stories from Central Asia and the Caucasus

出版社 Octopus Books
発売日 2021/10/05
ページ数 224
ISBN-13 9780857839770
お届け日 通常 07月08日~07月15日

通常価格 ¥3,849

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

Over hundreds of years, various ethnic groups have passed through Samarkand, sharing and influencing each other's cuisine and leaving their culinary stamp. This book is a love letter to Central Asia and the Caucasus, containing personal travel essays and recipes little known in the West that have been expertly adapted for the home cook.

An array of delicious dishes introduce the region and its different ethnic groups - Uzbek, Tajik, Russian, Turkish, Korean, Caucasian and Jewish - along with a detailed introduction on the Silk Road and a useful cupboard of essential ingredients.

Chapters are divided into Shared Table, Soups, Roast Meats & Kebabs, Warming Dishes, Pilavs & Plovs, Accompaniments, Breads & Doughs, Drinks and Desserts. 100 recipes are showcased, including Apricot & Red Lentil Soup, Chapli Kebabs with Tomato Relish, Rosh Hashanah Palov with Barberries, Pomegranate and Quince, Curd Pancakes with Red Berry Compote and the all-important breads of the region. And with evocative travel features like On the Road to Samarkand, A Banquet on the Caspian Sea and Shopping for Spices under Solomon's Throne, you will be charmed and enticed by this region and its cuisine, which has remained relatively untouched in centuries.

DeepL 粗訳

何百年もの間、様々な民族がサマルカンドを通過し、互いの料理を分かち合い、影響を与え合い、料理の足跡を残してきました。この本は、中央アジアとコーカサスへのラブレターであり、個人的な旅行エッセイと、西洋ではほとんど知られていないレシピを家庭の料理人のために巧みにアレンジしたものです。

美味しい料理の数々が、シルクロードについての詳細な紹介や、必要な食材を集めた便利な食器棚とともに、この地域と異なる民族(ウズベク、タジク、ロシア、トルコ、韓国、コーカサス、ユダヤ)を紹介しています。

各章は、共有テーブル、スープ、ローストミート&ケバブ、温め料理、ピラフ&プロブ、付け合わせ、パン&生地、飲み物、デザートに分かれています。アプリコットと赤レンズ豆のスープ」、「チャプリケバブのトマトレリッシュ添え」、「バーベリー、ザクロ、カリンのロッシュハシャナパロフ」、「レッドベリーコンポートのカードパンケーキ」、「この地域に欠かせないパン」など、100種類のレシピを紹介しています。また、「サマルカンドへの道」、「カスピ海の宴」、「ソロモンの玉座の下でスパイスを買う」などの魅力的な旅の特集では、何世紀にもわたって比較的手つかずの状態で残っているこの地域とその料理に魅了され、惹きつけられることでしょう。