Open Source Intelligence Methods and Tools

A Practical Guide to Online Intelligence

出版社 Apress
発売日 2018/08/24
ページ数 354
ISBN-13 9781484232125
お届け日 通常 03月12日~03月19日

通常価格 ¥3,850

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Apply Open Source Intelligence (OSINT) techniques, methods, and tools to acquire information from publicly available online sources to support your intelligence analysis. Use the harvested data in different scenarios such as financial, crime, and terrorism investigations as well as performing business competition analysis and acquiring intelligence about individuals and other entities. This book will also improve your skills to acquire information online from both the regular Internet as well as the hidden web through its two sub-layers: the deep web and the dark web.

The author includes many OSINT resources that can be used by intelligence agencies as well as by enterprises to monitor trends on a global level, identify risks, and gather competitor intelligence so more effective decisions can be made. You will discover techniques, methods, and tools that are equally used by hackers and penetration testers to gather intelligence about a specific target online. And you will be aware of how OSINT resources can be used in conducting social engineering attacks.

Open Source Intelligence Methods and Tools takes a practical approach and lists hundreds of OSINT resources that can be used to gather intelligence from online public sources. The book also covers how to anonymize your digital identity online so you can conduct your searching activities without revealing your identity.

What You’ll Learn

  • Identify intelligence needs and leverage a broad range of tools and sources to improve data collection, analysis, and decision making in your organization
  • Use OSINT resources to protect individuals and enterprises by discovering data that is online, exposed, and sensitive and hide the data before it is revealed by outside attackers
  • Gather corporate intelligence about business competitors and predict future market directions
  • Conduct advanced searches to gather intelligence from social media sites such as Facebook and Twitter
  • Understand the different layers that make up the Internet and how to search within the invisible web which contains both the deep and the dark webs

Who This Book Is For

Penetration testers, digital forensics investigators, intelligence services, military, law enforcement, UN agencies, and for-profit/non-profit enterprises

DeepL粗訳

オープンソースインテリジェンス(OSINT)の技術、方法、ツールを適用して、一般に公開されているオンラインソースから情報を取得し、情報分析をサポートします。採取したデータを、金融、犯罪、テロ調査などのさまざまなシナリオで使用するだけでなく、ビジネス競争の分析を行い、個人や他の事業体に関する情報を取得します。また、本書は、通常のインターネットだけでなく、ディープ・ウェブとダーク・ウェブという2つのサブレイヤーを通して、隠されたウェブの両方からオンラインで情報を取得するスキルを向上させます。

著者は、諜報機関だけでなく、企業がグローバルレベルのトレンドを監視し、リスクを特定し、競合他社の情報を収集して、より効果的な意思決定を行うために使用できる多くのOSINTリソースを掲載しています。ハッカーやペネトレーションテスターがオンラインで特定のターゲットに関する情報を収集するために同じように使用するテクニック、方法、ツールを発見することができます。また、ソーシャルエンジニアリング攻撃を行う際にOSINTのリソースがどのように使用されるかを知ることができます。

また、オンラインでデジタル ID を匿名化して、身元を明かさずに検索活動ができるようにする方法についても解説しています。

何を学ぶか

  • インテリジェンスのニーズを特定し、幅広いツールやソースを活用して、組織内のデータ収集、分析、意思決定を改善します。
  • OSINTリソースを使用して、オンラインで公開されているデータや機密性の高いデータを発見し、外部の攻撃者に暴露される前にデータを隠すことで、個人や企業を保護することができます。
  • 競合他社に関する企業情報を収集し、将来の市場の方向性を予測します。
  • FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアサイトから情報を収集するための高度な検索を実施します。
  • インターネットを構成する様々な層を理解し、ディープウェブとダークウェブの両方を含む見えないウェブの中で検索する方法を理解します。

この本は誰のためにあるのか

侵入テスト担当者、デジタルフォレンジック調査官、情報サービス、軍、法執行機関、国連機関、営利/非営利企業