Math Art

Truth, Beauty, and Equations

出版社 Sterling
発売日 2019/04/16
ページ数 208
ISBN-13 9781454930440
お届け日 通常 03月12日~03月19日

通常価格 ¥2,745

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

From geometry in motion to the possibilities of pi, this stunning volume reveals how art has been inspired by the beauty and poetry of mathematical principles.

The worlds of visual art and mathematics come together in this spectacular volume by award-winning writer Stephen Ornes. He explores the growing sensation of math art, presenting more than 80 pieces, including a crocheted, colorful representation of non-Euclidian geometry that looks like sea coral and a 65-ton, 28-foot-tall bronze sculpture covered in a space-filling curve. For each work, we get the artist's story followed by accessible and thought-provoking explanations of the mathematical concept and equations behind the art. From 3D-printed objects that give real form to abstract mathematical theories, to mystic fractals, to Andy Warhol as a solution to the Traveling Salesman Problem, these artworks embody some of strangest, most beautiful relationships among numbers and across dimensions.

DeepL 粗訳

動きのある幾何学から円周率の可能性まで、この驚くべきボリュームでは、アートがどのようにして数学的原理の美しさと詩に触発されてきたかを明らかにしています。彼は、海の珊瑚のように見える非ユークリッド幾何学のかぎ針編みのカラフルな表現や、空間を埋め尽くすような曲線で覆われた 65 トン、28 フィートの高さのブロンズ彫刻など、80 以上の作品を紹介しながら、数学アートの成長している感覚を探求しています。それぞれの作品について、アーティストのストーリーに続いて、アートの背後にある数学的な概念や方程式について、親しみやすく示唆に富んだ説明がなされています。抽象的な数学的理論に実際の形を与える3Dプリントされたオブジェクトから、神秘的なフラクタル、アンディ・ウォーホルの「トラベリング・セールスマン問題」の解決策まで、これらの作品は、数字と次元を超えた奇妙で最も美しい関係のいくつかを体現しています。