Go in Action

出版社 Manning Publications
発売日 2015/11/26
ページ数 264
ISBN-13 9781617291784
お届け日 通常 11月07日~11月14日

通常価格 ¥4,950

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

Summary

Go in Action introduces the Go language, guiding you from inquisitive developer to Go guru. The book begins by introducing the unique features and concepts of Go. Then, you’ll get hands-on experience writing real-world applications including websites and network servers, as well as techniques to manipulate and convert data at speeds that will make your friends jealous.

Purchase of the print book includes a free eBook in PDF, Kindle, and ePub formats from Manning Publications.

About the Technology

Application development can be tricky enough even when you aren’t dealing with complex systems programming problems like web-scale concurrency and real-time performance. While it’s possible to solve these common issues with additional tools and frameworks, Go handles them right out of the box, making for a more natural and productive coding experience. Developed at Google, Go powers nimble startups as well as big enterprises–companies that rely on high-performing services in their infrastructure.

About the Book

Go in Action is for any intermediate-level developer who has experience with other programming languages and wants a jump-start in learning Go or a more thorough understanding of the language and its internals. This book provides an intensive, comprehensive, and idiomatic view of Go. It focuses on the specification and implementation of the language, including topics like language syntax, Go’s type system, concurrency, channels, and testing.

What’s Inside

  • Language specification and implementation
  • Go’s type system
  • Internals of Go’s data structures
  • Testing and benchmarking

About the Reader

This book assumes you’re a working developer proficient with another language like Java, Ruby, Python, C#, or C++.

About the Authors

William Kennedy is a seasoned software developer and author of the blog GoingGo.Net. Brian Ketelsen and Erik St. Martin are the organizers of GopherCon and coauthors of the Go-based Skynet framework.

Table of Contents

  1. Introducing Go
  2. Go quick-start
  3. Packaging and tooling
  4. Arrays, slices, and maps
  5. Go’s type system
  6. Concurrency
  7. Concurrency patterns
  8. Standard library
  9. Testing and benchmarking

DeepL粗訳

サマリー

Go in Action では、Go言語を紹介し、好奇心旺盛な開発者からGoの達人へと導いてくれます。本書では、まず、Goのユニークな機能とコンセプトを紹介します。次に、Webサイトやネットワークサーバを含む実世界のアプリケーションを実際に書いてみて、友人が嫉妬するほどのスピードでデータを操作したり変換したりするテクニックを体験します。

印刷版の書籍を購入された方には、マニング出版社からPDF、Kindle、ePub形式の電子書籍が無料で提供されます。

技術について

アプリケーション開発は、ウェブスケールの同時実行やリアルタイムパフォーマンスのような複雑なシステムプログラミングの問題を扱っていなくても、十分にトリッキーなものです。これらの一般的な問題は、追加のツールやフレームワークを使用して解決することも可能ですが、Go はこれらの問題をすぐに処理し、より自然で生産性の高いコーディング体験を提供します。Google で開発された Go は、軽快なスタートアップ企業だけでなく、大企業(インフラストラクチャで高パフォーマンスのサービスに依存している企業)にも力を与えています。

この本について

Go in Action は、他のプログラミング言語を使用した経験があり、Goの学習を始めたい、または言語とその内部をより深く理解したいと考えている中級レベルの開発者向けの本です。この本では、囲碁について集中的、包括的、かつ慣用的に解説しています。言語構文、Goの型システム、同時実行、チャンネル、テストなどのトピックを含む、言語の仕様と実装に焦点を当てています。

中身

  • 言語の仕様と実装
  • 碁種体系
  • 囲碁のデータ構造の内部
  • テストとベンチマーク

読者について

本書は、Java、Ruby、Python、C#、C++などの他の言語に精通した開発者であることを前提としています。

著者について

ウィリアム・ケネディ は、経験豊富なソフトウェア開発者であり、ブログGoingGo.Netの著者です。 Brian KetelsenErik St. Martin は、GopherConの主催者であり、GoベースのSkynetフレームワークの共著者です。

目次

  1. 囲碁の紹介
  2. クイックスタート
  3. パッケージングとツーリング
  4. 配列、スライス、マップ
  5. 囲碁のタイプ別システム
  6. 並列処理
  7. 並行処理パターン
  8. 標準ライブラリ
  9. テストとベンチマーク