Practical System programming for Rust developers

Build fast and secure software for Linux/Unix systems with the help of practical examples

出版社 Packt Publishing
発売日 2020/12/24
ページ数 388
ISBN-13 9781800560963
お届け日 通常 05月26日~06月02日

通常価格 ¥4,399

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

Explore various Rust features, data structures, libraries, and toolchain to build modern systems software with the help of hands-on examples

Key Features:

  • Learn techniques to design and build system tools and utilities in Rust
  • Explore the different features of the Rust standard library for interacting with operating systems
  • Gain an in-depth understanding of the Rust programming language by writing low-level software

Book Description:

Modern programming languages such as Python, JavaScript, and Java have become increasingly accepted for application-level programming, but for systems programming, C and C++ are predominantly used due to the need for low-level control of system resources. Rust promises the best of both worlds: the type safety of Java, and the speed and expressiveness of C++, while also including memory safety without a garbage collector. This book is a comprehensive introduction if you’re new to Rust and systems programming and are looking to build reliable and efficient systems software without C or C++.

The book takes a unique approach by starting each topic with Linux kernel concepts and APIs relevant to that topic. You’ll also explore how system resources can be controlled from Rust. As you progress, you’ll delve into advanced topics. You’ll cover network programming, focusing on aspects such as working with low-level network primitives and protocols in Rust, before going on to learn how to use and compile Rust with WebAssembly. Later chapters will take you through practical code examples and projects to help you build on your knowledge.

By the end of this Rust programming book, you will be equipped with practical skills to write systems software tools, libraries, and utilities in Rust.

What you will learn:

  • Gain a solid understanding of how system resources are managed
  • Use Rust confidently to control and operate a Linux or Unix system
  • Understand how to write a host of practical systems software tools and utilities
  • Delve into memory management with the memory layout of Rust programs
  • Discover the capabilities and features of the Rust Standard Library
  • Explore external crates to improve productivity for future Rust programming projects

Who is this book for:

This book is for developers with basic knowledge of Rust but little to no knowledge or experience of systems programming. System programmers who want to consider Rust as an alternative to C or C++ will also find this book useful.


DeepL 粗訳

さまざまな Rust の機能、データ構造、ライブラリ、ツールチェーンを探り、実践的な例を使って最新のシステム ソフトウェアを構築します

主な機能。

  • Rust でシステム ツールやユーティリティを設計および構築するテクニックを学ぶ

  • オペレーティング システムと対話するための Rust 標準ライブラリのさまざまな機能を探る

  • 低レベルのソフトウェアを書くことで、Rust プログラミング言語の深い理解を得る

    書籍の説明。

    Python、JavaScript、Java などの最新のプログラミング言語は、アプリケーション レベルのプログラミングではますます受け入れられるようになってきていますが、システム プログラミングでは、システム リソースを低レベルで制御する必要があるため、C や C++ が主に使用されています。Rustは、Javaの型の安全性とC++の高速性と表現力を両立させながら、ガベージコレクタを使わないメモリの安全性も兼ね備えています。この本は、Rust とシステム プログラミングに初めて触れ、C や C++ を使用せずに信頼性の高い効率的なシステム ソフトウェアを構築したいと考えている人には、包括的な入門書となります。また、システム リソースが Rust からどのように制御できるかを探求します。進歩するにつれて、高度なトピックを掘り下げていきます。Rustでの低レベルのネットワークプリミティブやプロトコルの操作などに焦点を当てたネットワークプログラミングをカバーし、WebAssemblyを使用してRustを使用してコンパイルする方法を学びます。

    この Rust プログラミングの本が終わる頃には、Rust でシステム ソフトウェア ツール、ライブラリ、およびユーティリティを書くための実践的なスキルを身につけることができます。

    • システム リソースがどのように管理されているかをしっかりと理解する
    • 自信を持って Rust を使用して Linux または Unix システムを制御および操作する
    • 実用的なシステム ソフトウェア ツールおよびユーティリティのホストの書き方を理解する
    • メモリについて詳しく学ぶ
    • 。Rust プログラムのメモリ レイアウトを使用した管理
    • Rust Standard Library の機能と機能を発見
    • 将来の Rust プログラミング プロジェクトの生産性を向上させるための外部クレートを探索

    この本は誰のためのものです。

    本書は、Rust の基本的な知識はあるが、システム プログラミングの知識や経験がほとんどない開発者を対象としています。また、C や C++ の代替として Rust を検討したいと考えているシステム プログラマの方にも有用な本です。