Mathematics to the Rescue of Democracy

What Does Voting Mean and How Can It Be Improved?

出版社 Independently Published
発売日 2020/03/03
ページ数 135
ISBN-13 9783030383671
お届け日 通常 03月14日~03月21日

通常価格 ¥3,079

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

出版社より

Paolo Serafini was Professor of Operations Research in the Department of Mathematics, Computer Science, and Physics, University of Udine, Italy for more than 25 years until his retirement in 2016. After the degree in Electronic Engineering, he worked for a few years at FIAT, Grandi Motori, Turin. He joined the Faculty of Sciences, University of Udine, in 1978 where he became Associate Professor in 1985 and Full Professor in 1990. In the academic year 1995-96, he was Visiting Professor at Carnegie Mellon University, Pittsburgh, and in 1980, he was Visiting Researcher at the University of California, Berkeley. He has been a researcher at the International Center for Mechanical Sciences (CISM), Udine since 1975 and was appointed Scientific Editor of the CISM-Springer Lecture Notes series in 2005. His scientific interests have dealt mainly with the development of mathematical models for resource optimization and, in recent years, with the mathematics of electoral systems as well. He is the author of about 80 papers and four books and has also edited six books.


DeepL 粗訳

Paolo Serafini氏は、2016年に退職するまでの25年以上にわたり、イタリアのウディネ大学の数学・コンピュータサイエンス・物理学科でオペレーションズリサーチの教授を務めていました。電子工学の学位を取得した後、トリノのグランディ・モトーリ(FIAT)に数年間勤務。1978年にウディネ大学理学部に入り、1985年に准教授、1990年に正教授となりました。1995-96年度にはカーネギーメロン大学ピッツバーグ校客員教授、1980年にはカリフォルニア大学バークレー校客員研究員を務めた。1975年からウディネ国際機械科学センター(CISM)の研究員を務め、2005年にはCISM-Springer Lecture Notesシリーズの科学編集者に任命された。主に資源最適化のための数理モデルの開発に興味を持ち、近年では選挙システムの数学にも興味を持っている。約80編の論文と4冊の著書があり、6冊の本を編集している。